音楽イベント・ワークショップ・夏休みリコーダー

  • TOP
  • 音楽イベント・ワークショップ・夏休みリコーダー

2018夏休みリコーダー特別集中講座


~2018夏休みにリコーダー特別集中講座でワンランクアップ!目指そう!!~

夏休みを迎え、音楽の宿題に「リコーダー演奏」が出ていませんか?
ソプラノリコーダー、人知れずお子さんは吹けなくて困っていませんか?
リコーダーが苦手で、音楽の時間がとても苦痛になっている小学生がいますが、本当はちゃんと演奏出来るようになりたい!と思っているんです!!


「忘れ物対策」の一環で、通常のリコーダーは、音楽バックの中に入って学校のロッカーに置かれていることが多い為、ご家庭でお子さんがリコーダーを演奏している姿を見かけることが少ないのでは?と思います。リコーダーがご家庭にある今!お子さんがどの程度リコーダーの音を出して、指がしっかり動いているかご覧いただくと良いかな?と思います。 そして、もし自信なさそうな表情をお子さんがされるなら、夏休みのこの時期に、リコーダーの取り組みを是非お勧めしたいです。

リコーダーがわからない小学生の殆どは、「音符がわからない」「リコーダーの指(運指)がわからない」と言います。
キミノ音楽教室ではこの夏休みを利用して、個人対応の特別リコーダーレッスンを企画しました。
この講座レッスンを利用して、リコーダーを覚えてみませんか?ご参加、お待ちしています!

♪ 2018夏休みリコーダー特別集中講座 内容

◆開催日時 【1レッスン 45分】
7月24日(火) 終了しました
7月27日(金) 終了しました
8月21日(火) 終了しました
8月24日(金) 終了しました

*1レッスン(45分)を続けて、2レッスン(90分)で受講する事も可能です。ご予約の際、ご相談ください。
*レッスンの枠は限りがございます。お早めのご予約をお願いいたします。※先着順
*ご予約は満席になり次第、受付終了になります。


◆受講料金 【個人レッスン】
1レッスン45分 4,000円(税込)
2レッスン90分 8,000円(税込)

※当日ご持参ください。


◆参加対象
小学生、中学生


◆開催場所
キミノ音楽教室 (新横浜プリンスぺぺ・新横浜プリンスホテルのすぐ近く)
交通アクセス JR横浜線「新横浜駅」より徒歩3分 地図はこちら♪♪♪>>


◆当日の持ち物
学校で使っているリコーダー(ソプラノ、またはアルトリコーダー)、音楽の教科書、水筒、タオルをご持参ください。
また、学校で出されているリコーダーの課題をご持参くださっても構いませんが、複数の課題曲の場合は全て練習出来るとは限りませんので、ご了承ください。


♪ 2018夏休みリコーダー特別集中講座 ご予約・お申し込み方法

ご予約フォーム↓↓からお申込みください。

終了しました ※キミノ音楽教室の生徒さんは直接担当講師までお申し込みください。

【電話からご予約お申込みの場合】 火曜~土曜 電話受付時間 9:00~14:00まで
*音楽レッスン指導中は電話に出られませんので、お申し込みには「ご予約フォーム」をご利用ください。
*留守の場合は、お名前とお電話番号を伝言ください。こちらからお電話いたします。
※お電話にて、音楽学習面のご相談などについてはお答えいたしかねますので、あらかじめご了承ください。

【お問い合わせ】 お問い合わせはこちら ⇒


☆お申し込みからリコーダー特別集中講座レッスンまでの流れ

1. お申し込み
 「ご予約フォーム」から、ご希望の日時をお申込みください。
  *2レッスン(90分)をご予約されたい場合は、お手数ですが【その他・ご質問等】の枠に、その旨をご記入ください。
   ↓
2. 講座レッスンの日時のご確認
   ↓
3. 当日 レッスン
  当日の持ち物
  学校で使っているリコーダー(ソプラノ、またはアルトリコーダー)、音楽の教科書、水筒、タオルをご持参ください。
   ↓
4. 終了


♪ リコーダーレッスン<リコーダーが上手に吹けない原因と対策>

◆リコーダーレッスンについて

音楽の教科書では小学3年生くらいから「リコーダーを演奏する」という項目の授業がスタートします。リコーダーの楽器はそれぞれが購入し、そしてお子様専用の楽器として持つことになります。
学校でソプラノリコーダーを一括購入すると、殆どの場合、自分の氏名がリコーダーに掘られ、まさに「マイリコーダー」を手にするわけです。この時「うれしい!」「どんな音がするんだろう?」「早く吹いてみたい!」と、ワクワクしながらこのリコーダーの楽器を手にするのです。実際「ここが、ソ、です」「ソ、ラ、シ、を練習しましょう」と授業がスタートするのですが、先生もすべての子どもたちの運指(指使い)と出ている音をチェックできるわけでもなく、そのまま授業が進み「では、この曲を演奏しますよ、練習してきてね?」と宿題に出され「あれ?なんでみんなと同じ音が出ないんだろう?」「おかしいな?指はどうするんだっけ?」と思いながら授業に参加する子どもたちがひとり、ふたり、と出てくるのでは?と想像してしまいます。

当教室へリコーダーレッスンに来ている子供達は「本当はちゃんとリコーダーをみんなと同じように演奏したいけど、良くわかんない」「出来なくて恥ずかしかった」「吹けないからリコーダー嫌い」」と切実な思いを私に言います。「大丈夫!そんなに難しいことは無いから!」と伝えても、最初は半信半疑で笑顔がありません。 「なぜリコーダーがわからないのか?」の原因を知ってもらい「そこを克服するにはどうしたらよいのか?」「何がわかったらできるようになるのか?」をいっしょに紐解いていきます。小学3年生にもなれば知的理解がしっかりできますから、理解さえすれば、そこからは大丈夫!子供達はものすごいエネルギーを発して何事も覚えていくものです。ただ、ひとつひとつ越えていく山がありますので、時間は必要ですが、最後は笑顔で教室を後にします。

誰でも気軽に音が出せる楽器ということで小学校ではソプラノリコーダー、そして高学年になるとアルトリコーダーが教材として扱われます。そして中学校へ進学しても引き続きリコーダーは使われ、リコーダー演奏が成績の評価の加点になることが多いのです。「中学校ではアルトリコーダー演奏が普通に出来る」ということが前提ならば、是が非でも小学生のうちに「リコーダーの演奏が出来る」もしくは「リコーダー嫌い」にならないようにレッスンしてまいります。
(※まずソプラノリコーダーの運指を覚えて、アルトリコーダーへの運指習得になります。)

◆リコーダーが上手に吹けない原因と対策

1.正しい音が出ない →吹き口を深くくわえている
リコーダーの吹き口は薄くつぶれています。これは少ない空気を強く管の中に送り込むための形です。 この吹き口を深くくわえると大量の息を吹き込んでしまうので、吹き口は浅く加えてください。 くわえる、というより唇の先を当てるといった方が正しいかもしれません。それくらい浅く、です。そして息も極力弱く。 深くくわえている子は、たいてい強く吹いています。でも、強く吹く必要があるのは高音の時だけ。 最初に習うソ・ラ・シ・ドの音は、いつもより弱く、音が出ないんじゃないかというくらい弱くしてみてください。 これだけで正しい音に直ることもありますので、まず浅く加えて息を弱く、を試してみてください。

2.正しい音が出ない →穴をふさげていない
リコーダー吹き口のくわえ方と同じくらい、間違いが多いのが指の当て方です。 リコーダを持つとき、指を立てて指先で穴をふさごうとしていませんか? リコーダーを持って、吹かずに指の当たり方をよく確認してください。 多くの場合、穴をふさげていないという事実に気づいていませんから、まず気づくことが第一歩。

★ 指を立てていませんか?
まず多いのが、指を立てて穴に当ててしまう例です。これだと穴に隙間が空いていて正しくふさげません。 指を立ててしまう癖があるときは、指を平たくして指の腹が穴の上にくるように持ち方を調整します。 この時、すぐに吹かずに、指の腹に穴が当たっていることを感じてください。吹くのはそれから。 指の位置が悪いといくら息を正しく吹いても穴に隙間が空いたまま正しい音が出ないので、最初は吹くことをせずに指の位置だけしっかり確認してください。

★ 指に力が入っていませんか?
反対に、指に力を入れてまっすぐ伸ばしているケースもあります。 指に余計な力が入って指使いがぎこちなくなる上に、力を入れて伸ばした指は指の腹が穴に当たらず、やはり隙間ができています。 力が入りすぎているので、力を抜いてリコーダーを構えて、吹かずに指の位置だけ確認しましょう。 「吹かなくちゃ!」「正しい音にしなくちゃ!」というプレッシャーから指に力がはいってしまうことがあるので、音を出すのは後にしてまず正しい位置に指をあてられるよう確認しましょう。吹くのはそれから。力を抜いて指を動かしてみて、正しく穴をふさぐ感覚が分かったら、こんどは音を出してみましょう。

※以上は正しく運指が行われている、ということが前提です。 指使いがわからない、という場合は、「運指を自分で確かめる」を身に着けることで出来るようになりますが、そもそも「リコーダーがわからない」場合は「なぜリコーダーが苦手なのか?」の原因追及がその前に必要になります。




過去のイベント・ワークショップ

2017.8.3  夏休みにリコーダー上達・特別集中講座でワンランクアップ!目指そう!!

小学生の音楽と言えば「リコーダー」は必須アイテム!
夏休みリコーダー特別集中講座で吹き方を克服してワンランクアップ!目指そう!!
その子の腕前に合わせてリコーダーを練習します!


夏休みになると家に戻ってくる楽器って・・・? それは「リコーダー」です。
いつもは学校に置いたまま。家で練習なんて出来ていない。だから夏休み中の今こそ、リコーダーの練習をして上手くなるコツをつかもう!リコーダーの腕前ワンランク・アップ!を目指そう!
初めてリコーダー吹く子、苦手な子、得意な子、楽しく学んで、夏休みに差をつけよう!!


2017.7.27 夏休みだから音楽しよう!一緒に楽しくリコーダーアンサンブル!!

~どんな音がするかな?大きい楽器、小さい楽器を叩いて確かめてみよう~
夏休みだから、音楽を楽しんでみよう!
音楽の苦手な子も、大好きな子もみんな集まれ!
一緒に楽しくリコーダーアンサンブルしよう!!

7月27日(木)に開催しました、音楽ワークショップ・リコーダーアンサンブルの演奏風景。


2014.8.31 「カホン」で遊ぼう!!

~ドラマー・もんち先生を講師にお迎えしてのワークショップ~
楽器は、カホン、ジャンベ、ドラム、ギロ、ウッドブロック、カウベル、シェーカー、タンバリン、アゴゴ、ホイッスル、おもちゃのフエなどを使用しました。 「恋するフォーチュンクッキー」や「風になりたい」の曲に合わせて楽器を叩いたり、全員で歌っったりしながら楽しみました。



「リコーダー愛好会」部員募集中!!

♪「リコーダー愛好会」♪
リコーダーは肺機能UP、指先を使って脳機能活性化間違いなし!健康に良い楽器です!
手軽な身近な楽器を使って楽しく演奏しましょう!
【場所】 神奈川区神之木地区センター
【部費】 1ヶ月 1,000円
【曜日・時間】 毎月いずれかの土曜日、月2回  19時~20時30分

リコーダの好きな方、やってみたい方、どうぞお気軽に参加して下さい!お待ちしています。
お問い合わせはこちら♪♪♪>>
※これはレッスンではありません。リコーダー愛好会になります。
※2013.7.13 セミ クラシック コンサートに出演しました。 詳細はこちら♪♪♪>>

レッスン曜日
火曜~土曜 ※お問い合せ時間 9:00‐14:00まで
定休日
月曜・日曜・祝祭日
住所
〒222-0032 神奈川県横浜市港北区大豆戸町1195
交通アクセス
JR横浜線・横浜市営地下鉄「新横浜駅」より徒歩3分
「新横浜プリンスぺぺ・新横浜プリンスホテル」のすぐ近く
貸衣装「ア・ペア横浜」の横の道を入って突き当たり

ピアノ教室 声楽・歌・ボイストレーニング リコーダー  横浜市港北区 新横浜駅から徒歩3分「キミノ音楽教室」
キ ミ ノ 音 楽 教 室

お問い合わせ

お問い合わせはメールフォームからご連絡ください。

*お電話によるお問い合わせは午前9時~午後2時までにお願いします。
*音楽レッスン指導中は電話に出られませんので、お問い合わせにはメールをご利用ください。
*留守の場合は、お名前とお電話番号を伝言ください。こちらからお電話いたします。
*営業でのお電話は、ご遠慮下さい。